☆書体☆

みなさん(*^o^*)こんばんは!絃月です。

今夜は書体に注目です。f:id:gengetukurumi:20170910201605j:image

✳︎書道の歴史と書体✳︎

中国で亀の甲羅や動物の骨に刻んだ文字

(甲骨こうこつ文字)が約3500年前に生まれました。その後、、

青銅器に刻まれた文字(金文きんぶん)、石に刻まれた文字(石鼓文せっこぶん)が生まれました。そうして、

現代の書道のように筆と墨を使って文字を書くようになったのは、約2000年前ではないかと言われております。

時代の変遷と共に書体(漢字の形)も変化し、主に5つの書体になりました。

 

f:id:gengetukurumi:20170910194756j:image❶篆書  てんしょ
『大篆 だいてん』と『小篆 しょうてん』の2種類があります。石鼓文に使われたと書体を大篆というのに対して、紀元前221年に秦の始皇帝が国家の統一の為に文字の統一を行い、そこで使われた文字を小篆といいます。
縦画は垂直、横画は水平、左右対称、縦長の均整きんせいのとれた書体で、石に刻まれました。日本では現在も印鑑に使われています。

f:id:gengetukurumi:20170910194811j:image❷隷書 れいしょ
篆書が実用的でなかった為に間もなく早く効率良く書ける隷書が広まりました。
『波磔 はたく』と呼ばれる横画のはねが特で、篆書と異なり横長の書体で、墨で木の板に書かれたり(木簡もっかん)、竹に書かれたり(竹簡ちっかん)しました。筆の改良も進み波磔の表現も可能になりました。日本では現在も紙幣に使われています。

f:id:gengetukurumi:20170910194820j:image ❸楷書 かいしょ
隷書を簡単にしたものが楷書です。点や線をくずさず、それぞれの点や線がはっきりした書き方で、現代でも一般的に使われる漢字 学習の最も基本となる書体です。

f:id:gengetukurumi:20170910194831j:image❹行書 ぎょうしょ
楷書を元に、いくつかの点や線を続けたり、省略して書いたものが行書です。その為に速く書くことが可能になりました。楷書よりも丸みがあります。楷書と草書の間の書体です。

f:id:gengetukurumi:20170910194837j:image❺草書 そうしょ
楷書と同じく隷書から生まれた草書は、画数が少ない為、だいぶ速く書けるようになりました。行書よりも省略が多い為、現代では一般の人が読み書きするのは難しい書体ですね。

さて余談ですが(*^o^*)

絃月は本日!美術鑑賞をして参りました〜。
遥かなるルネッサンス!館内に飾られている絵画達は色鮮やかに、輝いておりました❗️

芸術は素晴らしい♪🎶🎶

f:id:gengetukurumi:20170910201742j:imagef:id:gengetukurumi:20170910193050j:imagef:id:gengetukurumi:20170910194940j:image

 yeah♪