☆秋の書道展の練習☆

みなさん(*^o^*)こんばんは!

f:id:gengetukurumi:20170928224420j:imagef:id:gengetukurumi:20170928224438j:image

絃月は秋の書道展の練習をしておりました。

そこで、今夜は、私の書く作品の

『八風吹くも動ぜず』の言葉について。デス

f:id:gengetukurumi:20170928224500j:imagef:id:gengetukurumi:20170928224503j:imagef:id:gengetukurumi:20170928224510j:imagef:id:gengetukurumi:20170928224533j:image

八風『はっぷう』とは、人の行く手を妨害する風、“逆風”のことです。

人は順風が吹くと喜んだり舞い上がったりします。しかし、逆風が吹くと悩んだり苦しまなければなりません。

私達の行く手には常に順・逆両方の要素を持った風が吹いていて、その『風向き』が私達の心情や生き方に影響してくるものです。

これまで順風だった風向きが、何かを目に見えぬ大きな力によって、逆風に変わる事など当然のように起こりうるのです。

『八風吹くも動ぜず』が意味する事は

冷たい様にも、厳しい様にも感じます。

しかし、『確固たる信念を持って、何事にも動じず、自分の行動見つめなおし、慎んでいくならば、道が開けてくるのだよ』という

メッセージを送られている様に感じます(*^o^*)

今の荒れる強風の中で、苦しみぬくことで、違ったものが見えてくるかもしれません(*^o^*)

別の生き方に気づくかもしれません(*^o^*)

ただ辛いと嘆き悲しんで日々を過ごしているのならば、辛いだけです。

時には、ちょっと視点を変えて、何か良い事がないか探してみる事で何かいい出会いがあるかもしれません!まさに、私達に希望を与えるメッセージです。苦しみを苦しみとしてしか捉えられなければ、苦しみのままですが、もし、諦めずに前を向こうとする姿勢があれば、楽しい道や希望のある道が見えてきます。そして、明るい希望は『何かに支えられた確かな自分』を生み出します。それは何事にも動じない太陽や月のような自分でありたいと願う事でしょう(*^o^*)

逆風はいつでもどこでも私達の状況にお構いなく吹いてきます。

そんなとき、逆風であってもまっすぐ前を見て歩いていく事で、順風が再び吹いて来ます。

難しい事ではありますが(*^o^*)頑張っていきたいものです。

f:id:gengetukurumi:20170928224604j:imagef:id:gengetukurumi:20170928224612j:image

こんな素敵な希望のある文字を書けるなんて!

自分の好きな、自由なイメージで書道する。(*^o^*)書く事は楽しい。

秋の書道展fight絃月!☆☆☆

では😴お休みなさい。