☆新古今和歌集を描く前に❷☆

 

みなさん( ^∀^)こんばんは

f:id:gengetukurumi:20180309233018j:image

新古今和歌集について!お付き合い下さいね。

☆★代表的な歌人達の簡単ご紹介☆★

西行慈円❸藤原良経、藤原俊成

式子内親王

f:id:gengetukurumi:20180309233947j:imagef:id:gengetukurumi:20180309233847j:image

     ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

西行 さいぎょう

1118-1190 平安後期-鎌倉時代歌人・僧。
元永元年生まれ、佐藤康清の子。

北面の武士として鳥羽『とば』上皇につかえて

23歳で出家する。生涯の大半を奥州から九州までのさすらいの旅で過ごしております。

花と月の歌が多く、独自の歌風は

飯尾宗祇『そうぎ』松尾芭蕉『ばしょう』らに影響を与えています!『新古今和歌集』に94首がおさめられています。文治『ぶんじ』6年2月16日死去。73歳。俗名は佐藤義清『のりきよ』

慈円 じえん

1155ー1225平安時代末,鎌倉時代初頭の僧侶、歌人。『愚管抄』の著者。摂関藤原忠通の子。母は藤原仲光の娘加賀局。兄の基実、基房、

兼実は摂関、兼房は太政大臣になっています。生まれた翌1156年に保元の乱が起こりましたが乱の原因をつくった忠実は慈円の祖父、敗死した頼長は叔父にあたります。

2歳で母を、10歳で父を失った慈円は、65年に鳥羽天皇の皇子覚快法親王に従って道快と名のり、67年天台座主明雲を戒師として受戒得度『僧侶になるための儀式』しました。

❸藤原良経 ふじわらのよしつね

1169‐1206平安末~鎌倉初期の廷臣,歌人。摂籙『せつろく』

九条兼実の子として生まれる。

左大臣を経て従一位摂政太政大臣に昇ります。和歌を藤原俊成に学び、1190‐97には,歌壇を主宰して定家ら新風歌人の庇護者となり

花月百首』や『六百番歌合』を開催します。

1196の政変により一時 籠居しましたが!

のち政界に復帰し、後鳥羽院歌壇においても中心人物として『新古今集』編纂に貢献しています。仮名序を執筆し、巻頭歌作者です。

本日はここまで!( ^∀^)

 

f:id:gengetukurumi:20180305230442j:imagef:id:gengetukurumi:20180306234139j:image

💮ペン字課題三段合格💮( ^∀^)やったね!

調和体課題はやっと1級ですが、、、

書くコツを覚えて来たので、3月のお題練習中

f:id:gengetukurumi:20180306234609j:imagef:id:gengetukurumi:20180306234552j:imagef:id:gengetukurumi:20180306234642j:image

目標まで努力すること( ´∀`)人生の良い体験に

なると信じて❗️

f:id:gengetukurumi:20180306234158j:imagef:id:gengetukurumi:20180306234227j:imagef:id:gengetukurumi:20180306234905j:image

絃月fight٩( ᐛ )و自分にyell‼️

f:id:gengetukurumi:20180306235146j:imagef:id:gengetukurumi:20180306235214j:imagef:id:gengetukurumi:20180306235241j:image