☆土佐日記を描く前に(^∇^)☆

さて、、

今度は土佐日記を描いて見ようと思います。

その前に『土佐日記』について

簡単お勉強(*☻-☻*)お付き合い下さい。

f:id:gengetukurumi:20180414222641j:image

土佐日記平安時代紀貫之によって書かれた日本で最初の日記文学です。

大きな特徴として『女文字=平仮名』で書かれていることが挙げられます。

当時の男性は、文章を書くときには基本的に

漢字のみを用いていました。
これに対して平仮名は!もっぱら女性が用いる文字であり漢字よりも文字としての立場はありました。

f:id:gengetukurumi:20180416183840j:image

男性が平仮名を使うと『えー』と引かれてしまう時代だったそう。ですが、作者・紀貫之は、あえて平仮名を用いて土佐日記を書きました。もう一つの特徴としては言葉遊び『ダジャレ』が多く使われていることが挙げられます。

土佐日記のあらすじは というと?
作者の紀貫之国司としての任期を終え赴任先の土佐から京へ戻るまでの出来事が、フィクションを交えつつ描かれています(^∇^)

f:id:gengetukurumi:20180416183903j:image

去年の今頃撮影した青森市桜川の桜並木(^-^)

 

紀貫之は土佐での国司としての任期を終え,京へ戻ることになりました。
仕事の引継ぎを一通り終え、現地の人たちと夜遅くまで送別会を開いて大騒ぎしながらも、
12日21日の戌の刻に土佐を出発し、京へと向かいます。何かにつけて、ふざけ合い、大騒ぎしながらの陽気な旅路ですが、実は,紀貫之は土佐での赴任中に幼い娘を亡くしています。
大騒ぎの合間に、娘と一緒に京に帰れない悲しみがふと込み上げることもありました。

ようやく京へ帰ってきた紀貫之ですが、

自分の屋敷を見てビックリ⁉️

f:id:gengetukurumi:20180414210607j:image
長いこと留守にしていた屋敷は,千年もの時間が経ったかのように荒れ放題でした。
出かけるとき隣家の人が『手入れはまかて!』と言っていたのに…~_~;

そんな悲しみや愚痴をそっと胸にしまいつつ、紀貫之の旅は終わったそうです、、~_~;

土佐日記の簡単お勉強はここまで!

 

f:id:gengetukurumi:20180410215549j:imagef:id:gengetukurumi:20180410215605j:image

4月の書道課題の〆切が16日!

余裕あったつもりだが、、結局!

切羽詰まって練習~_~;です。

f:id:gengetukurumi:20180410215617j:imagef:id:gengetukurumi:20180410215619j:image

書道、仕事をしていて、日々感じるのですが

一生懸命やれる事は大切な事です。

けれど、ただ惰性にやるだけでは、ダメですよね。

自分でやれる事を決めて進んで行かないと~_~;

何も変わらない事実!この課題をまず一つ一つ前向きに解決したいと考える毎日です。