☆枕草子をpickupして描く❶☆

 

みなさん^_^いががお過ごしでしょうか?

絃月も久しぶりに

筆を持って課題練習をしております!

f:id:gengetukurumi:20180504230901j:image

しばらく練習出来なかったのですが(*_*)

f:id:gengetukurumi:20180504213602j:imagef:id:gengetukurumi:20180504213607j:image

本日から練習開始(*⁰▿⁰*)

f:id:gengetukurumi:20180504213611j:imagef:id:gengetukurumi:20180504214012j:image

集中力に欠けてしまい、ルールどうりに行かないなぁ(´-`)

それでは枕草子の原文を描いて練習してみる。

頑張ってみよう。お付き合い下さいね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

f:id:gengetukurumi:20180509210604j:image

【現語訳】

☆★春は夜がほのぼのと明けようとする頃(が良い)。(日が昇るにつれて)だんだんと白んでいく、山際の辺りがいくらか明るくなって、紫がかっている雲が横に長く引いている様子(が良い)。

 

☆★夏は夜(が良い)。月が出ている頃は言うまでもなく、(月が出ていない)闇夜もまた、蛍が多く飛び交っている(様子も良い)。また(たくさんではなくて)、ほんの一匹二匹が、ぼんやりと光って飛んでいくのも趣がある。雨が降るのも趣があって良い。

 

☆★秋は夕暮れ(が良い)。夕日が差し込んで山の端にとても近くなっているときに、烏が寝床へ帰ろうとして、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいる様子さえしみじみと心打たれる。ましてや雁などが隊列を組んで飛んでいるのが、(遠くに)大変小さく見えるのは、とても趣があって良い。すっかり日が落ちてから(聞こえてくる)、風の音や虫の鳴く音などは、言うまでもなく(すばらしい)。

 

☆★冬は早朝(が良い)。雪が降った朝は言うまでもなく、(降りた)霜がとても白いときも、またそうでなくてもとても寒いときに、火などを急いでおこして、(廊下などを)炭を持って移動するのも、たいそう(冬の朝に)ふさわしい。昼になって、生暖かく(寒さが)だんだんとやわらいでいくと、火桶に入った炭火も白い灰が多くなっているのは(見た目が)よくない。

f:id:gengetukurumi:20180509210811j:image

やはり仮名文字が多く、文章が長いのはバランス良く描けず難しい

f:id:gengetukurumi:20180509211141j:imagef:id:gengetukurumi:20180509215743j:image

前回の4月のお題戻って参りましたぁ。

また、一つ一つ頑張って練習していこう!っと

そして

漢字条幅部の初段のお免状頂きました(*⁰▿⁰*)